大人のための☆ピアノ教室



      実力向上 = 練習曲を次々と制覇すること

      みなさん、きっとそれが常識だと思います。


      ご近所の先生に聞いても、身近な上級者に聞いても、
      「それが正解」と言われるかもしれません。

      でも、本当は違うんですよ。


      「さぁて11番が終わった。次は12番だ」

      の繰り返しで、


      練習曲を順番に制覇するだけでは、
      なかなか実力は身につかないものなのです。

      信じられないでしょう? でも本当なんですよ。


      それはなぜかというと……



  穴の開いた袋でドングリ拾い・・・


      練習曲は、「できないことをできるようにする」 のが目的です。

      ですから、たとえ一時的にできるようになったとしても、そのまま放置して
      次に向かうことばかり繰り返したら、

      それは穴の開いた袋でドングリを拾い集めるようなもの。



      拾ったばかりの新しいドングリは袋に残りますが、
      古いドングリが、いつの間にかポロポロと袋から出て行ってしまいます。




      ご近所のピアノ教室で普通に教わるような、

      「今週は11番が終わった。来週は12番だ!」

      のような意識だと、

 「新しい曲をやるうちに、また1つ、2つ、以前の曲がこぼれ落ちてました」

      と感じていたのではないでしょうか?

      小さい頃にピアノを習った経験のある方は、この 「トコロテン」状態、心当たりありませんか?



      では、どうすればよいでしょう?

      簡単ですね。その袋の穴をふさげばいいのです。


  確実にドングリを積み増す


      例えば、同じ条件でドングリ拾いを始めた場合でも、袋の穴をふさぐかふさがないかで……


  穴の開いた袋で、すぐにポロポロこぼしながら、ドングリを拾い集める

  (課題を先に進めるのみで、終わった課題は放置)



  袋に穴がないかチェックしながら、確実にドングリを積み増す

  (終わった課題も定期的に復習しながら、基礎力を1つずつ積み増す)


    
  どちらのほうがより多く 「ドングリ」 を持ち帰れるか? すぐにわかりますよね?


      「努力してるのに、結果がついてこない」 と言ってる方ほど

      自分の袋に穴が空いてないか? チェックしてみてください。


      意識の差はほんのちょっとなのです。たったそれだけなのに、

      「毎回ポロポロこぼしながら」 → 「基礎力を確実に1つずつ積み増す・・・」 


      それができるかどうかで、
      持ち帰れる 「ドングリ」 の量、つまり練習の成果は、思った以上に大きく変わります。



  ほかにも問題があり、練習曲だと、諦めやすくなる!


     世の中のレッスンは、ほとんどが 『練習曲』 からスタートしてますが

     実は、 『練習曲』 のレッスンのほとんどは


     「マジメに練習できない人」 や 「成績が悪い人」 にとっては
     やる気喪失や、挫折の原因となってしまい

     かえって、失敗する確率が高くなるのです。


     (理由については、コチラ で解説しています) ←別ページが開きます


     子供の頃友達から聞いていた話や、自分の過去の経験からも

     心当たりのある方ばかりではないでしょうか?


  ピアノレッスン    美しい表現の練習とは?