大人のための☆ピアノ教室

 子供の頃に 「ピアノを習った経験」 のある方は、
 次の文に 心当たりがありませんか?


 ピアノを ○年習ったけど、私の初見力は バイエル程度 でした


    見事に 当てはまりました?


    当てはまった方ほど、今回のページは 丁寧に 読んでみてくださいね。

    きっと 新しい発見 があると思います。

       ・
       ・


   覚えないと、曲が弾けませんでした!


    普通の教室に 習いに行くと、

    「まずは基礎が大事」 と言われて、 「練習曲」 を渡されます。


    「次回のレッスンまでに、○ページまで 弾けるように、家で練習してきてね♪」


    ところが、言われたことを、家で実行 すると どうなるか?


 【代表的な失敗例

 1. (楽譜が読めないから) 最初は「えーとドレミ・・」 と数えながら、音取り

 2. 何度か繰り返し練習するうちに、答えを耳で覚えてしまう

 3. そこから先は、耳で知っている音を 「記憶」 で当ててるだけ!


    この 「代表的な失敗例」 に、心当たりありませんか?


  あっ、言われてみれば 確かに ……


    たとえ、楽譜を見ながら 弾いていても、実際には



    覚えて弾いてる だけなので、
    楽譜がスラスラ 読めてたわけじゃない。



    だから、知ってる曲や 何度か練習した曲 ならともかく

    知らない楽譜 を出されると、途端に何もできなくなってしまう。

        ・
        ・

    初見力が必要 ですよね?


    



    当レッスンでは 「初見のレッスン」 からスタートしてます


    大人になってから、またピアノを習おうと思う人は、ただ漠然と、

    「ピアノ習ってみようかな」

    という理由の人よりも、

    「憧れの曲があって、あの曲が弾けるようになりたいんだ」

    という動機の人のほうが、はるかに多いと思います。

       ・
       ・

    そしてその場合、最初は家で、曲の練習 を始めてみるものの、
    思ったよりうまくいかなくて、すぐに限界を感じ始め、

    「やっぱり習わないと、弾けるようにならないなぁ」 と、習うことを検討し始める。


    仕事を持ちながらピアノを始めると、そうそう練習に時間はかけられない。

    だから、先生に習って、一人で練習するより何倍も早く、スイスイ上達したい! と。


    ただ、実際のところ、このような場合でも、普通のレッスンに行くと、


    「それじゃ、基礎力をつけるために、練習曲から始めましょう」


    と言われることも多いものです。

    本当に、「練習曲から~」 のニュアンス通り、すぐに 曲の練習 にたどりつければいいのですが
    実際には、いつまでも基礎ばっかりで、なかなか目標曲にたどり着けないという現実があるもの。


  目標の曲があるから、習いに行く → すると、基礎が大切だからと、練習曲を勧められる

  それから、2年以上経過する → まだ、目標の曲を弾かせてもらえない


    これでは何のために習いに行くのか? 途中でやる気を失うのは目に見えている。


    ……かといって、基礎もないまま、いきなり難しい曲に挑戦しても

    それは、武器を持たずに、フラフラ戦場に出て行って、あっけなく戦死するのと同じこと!

    実際に戦いに出る場合には、 高い基礎力 を身につけて、
    戦闘力アップした状態で目標曲にぶつかったほうが、勝算が高くなる。

    だから、「基礎が大事!」 というのは、確かにその通りなのです。


    当レッスンでは 「初見のレッスン」 からスタートしてます


    まず、あなたが普段やっている練習法を 指摘してみましょう!

    目の前に弾きたい曲があります。
    普段どのように練習しているでしょうか?


 1. 最初はとりあえず、楽譜を見ながら試しに音を出してみる
 2. 上手くいかない (楽譜が読めてないから)

 3. 仕方ないので、耳で覚えて、後から記憶を頼りにする
 4. 覚えたと思ったら、またコロッと忘れた

 5. 練習量が足りないのかな? と何度も繰り返す
 6. そのうちにミスの癖がついてきた

 7. ミスしないように弾こうとすると、今度はええとぉ・・・の癖
 8. ミスの癖を直すために、倍以上の練習を費やす


    「そうそう、いつもそんな感じで、イライラしながら練習してる!」 と頷いたあなたは、

    残念ながら、挫折までのカウントダウンがすでに進み始めています。

       ・
       ・

    「練習はしてるんだけど、なかなか一朝一夕には上達しない」

    これ、ピアノをやってる方の、共通の悩みですよね?
    そんなときに思い出すのが、練習曲。

    うーん、アイツか……。
    分かってはいるんだけど、どうもお友達にはなれないんだよな……。

    大半の方が、こんな感想になると思います。


    「基礎が大事!」 というのは、確かにその通りなのですが

    でも、私が言っている基礎とは、「練習曲」 のことではなく、「初見」 のことなのです!


    その悩み、初見力が身につけば、半分以上は消えてなくなりますよ!

       ・
       ・

    当レッスンでは、結婚式や発表会などの差し迫った事情がなければ、

    最初の半年は 「初見のコース」 をオススメしています。


    「譜読みが嫌いです! 覚えないと簡単な曲さえ弾けません」 と言っている人は、

    「初見力」 がついたら、ピアノの練習 (譜読み) がラクになると思いませんか?

       ・
       ・

    弾きたい曲を、短期間で次々とマスターしたいと思う人ほど

    いきなり 「曲の練習」 からスタートしてしまうものですが、
    そのやり方では練習初期に 「ええとぉ…」 と止まる回数が多すぎて、うまくいきません。


    そもそも、楽譜を見て、 数秒ごとに指が止まって
    「えーとぉ・・・ドレミ・・・」 と言っていたら

    その時間は完全に指が止まっているわけですから 

    曲の練習 にすら なってませんよね! (止まって、ただ見てるだけ)


    いきなり 「曲の練習」 からスタートしたところで、結局のところ

    数秒ごとに、ええとぉ・・ となったり
    何度繰り返しても、なかなか覚えられなかったり、

    ミスが多かったり、すぐ忘れたりして、練習のやり直しが多くなると、

    苦労しながら、練習したわりには、結果にはつながらないのです。


    一言で言うなら、 「時間の無駄!」

       ・
       ・

    それとは逆に、真っ先に初見の練習からスタートして
    最初の半年で、初見力が身につけば、どうでしょう?


    いろんな楽譜がスラスラ読めるようになってくるので、

    今までの練習で感じていた、



    「♯3以上はニガテ」
    「左手がニガテ」
    「リズムがよくわからない」
    「聴いたことのある曲なら、ドレミを読み取って弾けるけど
     知らない曲をいきなり両手で弾くと全然出来ない」


    これらの問題点も、もう怖くなくなります!

       ・
       ・

    子供の頃に、ピアノレッスンの経験がある方は、そのほとんどが、子供の頃は失敗していたと思います。

    似たようなやり方で数年後、大人になって再挑戦しても、結果は同じになるだけ。


    もし結果を変えたいと思ったら、練習のやり方 を変えてみてください。


    もちろん、指がギチギチで、思うように動かない状態で練習しても、いい音は鳴りませんので
    初見のレッスンと平行しながら、指の練習法もお伝えしますし

    3ヶ月目をすぎた頃からは、キレイな音を出すコツなども合わせてお伝えしますので、


    当レッスンで 「初見のレッスン」 を受けた後は、

    子供の頃とは、ピアノの見え方が変わる と思います。



  「初見」 だけ習いたい でもOKです!


     通常は、「初見のレッスン」 → 半年後 → 「曲のレッスン」 に進む

     となりますが、初見のレッスンだけ習いたい でもOKです。


     初見のレッスン の場合は、
     たとえ、実力的に 中級以上 の方であっても、

     レッスン代は一番下のランク

     60分@4000×2回 (月謝8000円) からのスタートです。


     初見のレッスンと、曲のレッスンを、同時に習いたい! という場合は、

     レッスン時間を2倍にして、 月に2回 → 4回に変更

     (あるいは、2時間連続にして、初見と曲を毎回、半々ずつ)

     にすれば可能です。

     ただし、初見を卒業するまでの半年間は、
     家での練習が、初見の分と曲の分を合わせて2倍になりますので、

     平行している期間だけは、練習量UPも必要です。



 いきなり、弾かされるのかな?
 何も弾けないけど どうしよう・・・


    初心者の不安を煽るような、怖いレッスンはイヤですよね?

    当レッスンは、子供の頃の経験者の方に対しても、いきなり
    「何か弾いて!」 など、無茶な要求はしてませんし

    「子供の頃の知識は、もう忘れてしまいました」

    という、ゼロからのスタートでも大丈夫です! 


    初めていらっしゃる方が緊張されないよう

    「いかに気分良く、過ごしてもらえるか?」 

    という雰囲気を重視しています。



  ぜひレッスンを、受けてみたい

申込のMAIL★

タイトル 


1.あなたのお名前
2.メールアドレス
3.性別&年齢
4.最寄り駅 ○○線 ○○駅
5.憧れの曲 〔こんな曲を弾いてみたい〕
6.希望の曜日&時間
7.家のピアノは? 持っている物をお願いします。

  〔GP・UP(消音アリ・ナシ) ・電子P・ 61鍵キーボード〕

8.その他コメント



メールの宛先……


※ 体験レッスンもお受けしております。

  入会前に確認したいことがございましたら、
  ココからのご連絡をお待ちしております。


  おとなのための・ピアノレッスン